2014年05月21日

障碍者の子供のための児童デイサービス

児童デイサービスとは、障害者の児童が利用するサービスで、主に小、中、高の子供が学校の放課後や長期休みなどに利用する放課後等デイサービスとも言われているサービスです。
簡単にいうと、普通にある学童保育施設と同じような役割をする障害者の子供のための施設だということです。

利用方法は、各市町村に申請をし、各市町村が調査をし利用の判断をすることになります。
また、サービス内容においても、余暇の居場所の提供のほか、自立支援や創作、作業などの活動、また地域との交流の機会などを主にしている児童デイサービスがほとんどです。

また、民間でも放課後等デイサービスを行っている施設もあり、利用者自身にあった場所を選ぶ事も可能です。

最近の家庭では、障碍者の子供が居ても両親ともに仕事をされている保護者の方も多くなってきています。
そんなご家庭の人には、児童デイサービスを利用することで、保護者の方の負担を減らす事ができ、とても便利なサービスになっているのです。
posted by アマ at 12:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。